30代妊活計画スケジュール例

女性の社会進出が増えたことも影響して、晩婚化少子化といわれている現代
30代で初産と言うのは、全然珍しい事ではありません

 

ただ、知っておいて欲しいのは30代前半と後半では妊娠しやすさがまったく違うと言う事

 

35歳を過ぎると妊娠率がぐっと下がるというのは当サイトのトップページでも年代別の自然妊娠率を記載しています。

 

では、30代での具体的な妊活スケジュールについて考えて見ます

セルフのタイミング法
専門委員での基本的な検査
病院でのタイミング法
人工授精
体外受精
顕微授精

 

30代前半であれば、まずはセルフのタイミング法を試して見ましょう
一般的には、赤ちゃんが欲しいと思ったら、コンドームを付けないで中に出すセックスをすると思います
そして自然に妊娠すると考えますよね

 

この時に、考えることは排卵日(妊娠しやすい日)がいつなのか?位ですよね

 

これを、タイミング法と言います

タイミング法・・・排卵の時期を予測してその前後で性交渉を行うこと

 

いわゆる、不妊症と呼ばれる状態は、セルフのタイミング法で性交渉を行っているのに2年以上子供を授からない状態の事を言います
ただし、何度も言っているように、35歳から妊娠できる確立は急激に下がります
タイミング法で2年も待って良いのは20代の時だけです
30代前半であれば、1年試して駄目なら不妊治療専門クリニックへ
35歳を超えている場合には、赤ちゃんが欲しいと思ったその時に不妊治療専門クリニックに行きましょう

 

タイミング法の次は不妊治療専門クリニックへ

セルフのタイミング法で妊娠しなかった方や35歳を超えている方は、不妊治療専門の病院に相談しましょう
そこで、病院指示の元タイミング法を実施します

セルフと病院のタイミング法の違い
セルフタイミング法は、月経周期や基礎体温、排卵検査薬でおおよその排卵日を把握して行う事になります。
排卵検査薬であれば、かなり正確ですが月経周期や基礎体温での正確な時期はちょっと難しいですね
病院でのタイミング法は、粘液、ホルモン検査、超音波検査など本格的に体の変化を検査によって判断します。

 

セルフタイミング法を成功させるためには、月経周期を安定させたり、基礎体温を安定させる必要がります
多くの人が、冷えを改善したりマカやルイボス、たんぽぽなどの栄養が入ったサプリを飲むのは
ホルモンバランスの正常化などを目的としています。
不足している栄養素をサプリメントでカバーして、妊娠し易い体つくりをしているんです

 

 

病院でのタイミング法でも妊娠しなかった場合には
人工授精や体外受精と進んでいきます。この事をステップアップと呼びます
また、治療中に生理が来てしまうことをリセットと呼ぶ方も多いです

 

人工授精までステップアップすると治療費に非常にお金がかかるようになってきます。
今は、国の補助金制度が充実してきていますので
お住まいの自治体の制度を確認してみるのをおすすめします。

 

30代であれば、ほぼ受けられると思います
これが40代になると受けられなくなってしまう場合もありますので
年齢制限はきちんと確認しておきましょう