排卵検査薬と基礎体温で妊娠できる?

妊娠するためには、セックスのタイミングが非常に大切になります。

 

自然妊娠では「排卵された卵子」と「射精された精子」が受精するのが第一歩です。
つまり「卵子が排卵される時期にセックスすること」で妊娠が可能となります。

 

そのために、基礎体温を日々付けて低温気、高温期をはかり排卵時期の予測を立てます
基礎体温だけだと、正確な排卵日はわからないので
排卵検査薬を利用することで実際に排卵が行われたかを確認します。

 

あなたが妊娠しにくい体の場合には、以下のような基礎体温グラフになっていない場合があります
排卵検査薬と基礎体温で妊娠できる?

 

グラフがガタガタ、高温期が続かずに低温期になってしまうなどの場合
生殖機能の低下・冷え・ストレス・自律神経の乱れなどの原因が考えられます

 

妊娠を望む女性が体を温める事やホルモンバランスを整える事が大切と言われるのは
このような理由があるからです。

妊活栄養素を摂取しよう

妊娠しやすい体つくりの為に必要な栄養素と言うものがあります。

葉酸
マカ
鉄分
亜鉛
ルイボス茶エキス
ザクロエキス

 

葉酸は、妊娠を計画している段階から1日400μgを葉酸サプリから摂取することを厚生労働省が推奨しています
葉酸摂取で、胎児の先天性奇形のリスク低下に繋がると報告されています。

 

ホルモンバランスを整えるためにマカや鉄分を摂取しましょう
生理周期がバラバラになってしまうと、排卵時期がわからずに自然妊娠が難しくなってしまいます。

 

女性は、元々冷え性になりやすいので充分に注意が必要です
ルイボスティーを飲んだり、足湯や腹巻などとにかく体を温めましょう。

 

普段から運動していると基礎代謝もあがり、冷えにくい体になりますので
妊活中の運動も効果的です(ストレス解消にもなります)